トップ > ニュース一覧 > パソナテックシステムズ、バーチャルキャラクターとAIを活用しTEPIA 先端技術館 様にてガイド業務開始

パソナテックシステムズ、バーチャルキャラクターとAIを活用しTEPIA 先端技術館 様にてガイド業務開始

株式会社パソナテックシステムズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:加藤直樹、以下 パソナテックシステムズ)が
開発したバーチャルキャラクター「レナ」を活用して、
一般財団法人 高度技術社会推進協会が運営するTEPIA 先端技術館(東京都港区)内で、
2019年3月13日から来館者向けに展示案内システムの運用が開始されました。

パソナテックシステムズは、AIやXRに関する技術を活用し、地方の観光施設における案内業務や、広い施設内の各所で丁寧な説明が求められるガイド業務など、人材の限られる地方を中心とした幅広い導入を目指します。